歯肉縁上歯石について

こんにちわ♪


京田辺市近郊あゆみ歯科クリニック歯科衛生士の三澤です(●^v^●)


 


今回は


 歯肉辺縁(歯と歯茎が接している部分)より歯の見えている部分(歯冠部)に付着している


縁上歯石についての豆知識です >゜))))彡★


 


特徴:スケーリング時とてもやる気の出てくる歯石です!(^^)!


    歯肉辺縁より歯冠部に付着している


    黄白色であり、縁下歯石に比べて柔らかい


    プラークと唾液により石灰化したもの


    下顎前歯舌側、上顎大臼歯頬側に沈着しやすい


    グラム陽性菌が多い


 


縁上歯石はお水と超音波が一緒に出てくる超音波スケーラーを用いて除去します。


当院では除去後歯石の再沈着を防ぐためにPMTC も行います。


縁上歯石を除去して数週間後再度ポケット検査を行うと炎症が落ち着いていることが多々あります。


歯肉の腫脹、発赤、痛みを抑えるだけではなく、表面のザラつきを抑えて再度プラーク付着、歯石沈着を防ぐことが出来るので、口腔内の菌の数を減少させたり、口臭予防にもつながります。


 


臨床の場に出ると、縁上歯石を除去して喜んでいただける事が、衛生士としての喜びにもつながるので是非期待していてください(^○^)