フッ素で虫歯予防しましょう!

お久しぶりです! 京都府八幡市あゆみ歯科クリニック 歯科衛生士の城戸です :-)
毎日寒い日が続きますが、みなさまお体のほうは大丈夫でしょうか?

風邪やインフルエンザには気をつけて、帰ったら手洗い・うがいをして予防していきましょう!

今回はちょっと「フッ素」についてお話させていただきますね。

虫歯予防といえばフッ素!と一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

フッ素は自然界にも存在しお茶の葉だったり昔水道水にも含まれていたと言われています。

歯や骨の主成分であるハイドロキシアパタイトはカルシウムとリンのリン酸カルシウムの一種です。

ハイドロキシアパタイトは産に弱くお口の中の細菌たちが酸を出すことでとかされむし歯が出来てしまうんです。

しかしフッ素をぬるとハイドロキシアパタイトがフルオロアパタイトに変化し歯を強くしてくれます!!

フッ素の効果には歯を強くするだけでなく菌を抑制する働きもあるので酸を作りにくくしてくれます ;-) ♪

フッ素を取り込む方法はフッ素入りの歯磨き粉で歯を磨いたり、ガムを咬んだり色々ありましがやっぱり1番は歯医者さんでフッ素を塗っていくことです!

歯科医院で使用するフッ素は一番濃度が高くとっても効果があります!

あゆみ歯科クリニックではお子様の定期検診でむし歯予防としてフッ素を塗っております。

お子様のむし歯予防が気になる方がおられましたらぜひあゆみ歯科クリニックまで

ご相談くださいね♪

一緒に歯の健康を守っていきましょう!